2006年02月15日

寝ずの番

…そんな朝からちょっぴりブルーになった貴方に(私に?)朗報(笑)
桂吉弥さんが亡き師匠と共に落語指導・出囃子をやった映画「寝ずの番」がこの春公開されます〜
あの津川雅彦さん初監督作品。原作は中島らもさん。上方落語の一門の話で、師匠、一番弟子、おかみさんが次々と亡くなってそれぞれのお通夜の席で“寝ずの番”をする弟子や故人ゆかりの仲間たちが思い出話に花を咲かせる人情物語だそうな。
何や面白そうな感じ〜♪ 4月シネスイッチ銀座他全国ロードショー!
posted by 福来 at 11:47 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 落語
この記事へのコメント
観てきました。いっぱい笑わせてもらいました。普段落語を聴きにきてはると思われる方たちは、笑いのツボが一緒でした。落語好きな人ほど、笑えるとこは多いと思います。

普段は陰で一門を支えてはるであろう、落語家の奥さまたちのご様子もたぶんこんなかんじなんだろうな、と思いました。
特に 富司純子さん演じるところのおかみさんが、艶っぽくて粋でかっこいい〜。
中井貴一さんの声があんなに素敵だなんて、知ったことも収穫でした。

私が観た回はノリよく笑う方が多くって、観終わって自然に拍手がおきました。
映画館でご覧になられることをお薦めします。


Posted by とんぼり at 2006年04月13日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。