2006年02月28日

エアチャージ!

ケガ・疲労回復、腰痛・肩こり解消、美肌、ダイエット、二日酔いの解消、ボケ予防、老化防止、記憶力アップなどに効果!スポーツ界や芸能人の間でも大人気!
高気圧エアチェンバー「オアシスO2」
…という、最近行った整骨院にとっても気になる筒状の物体があった。そういえば酸素バーとか流行ってるし、酸素タンクの中で寝るのかな?気持ちいいかも〜と興味津々。ちょうど週末に演武の稽古で刀ふりすぎて(^−^;;)腕が痛いし身体だるだるさんだったので、早速昨日入ってみた。
そもそもはスポーツ選手が怪我などで故障した部分の回復を早めるために使われていたというし、筋肉痛が軽くなるといいなぁ〜くらいの気分で。
しかし私ちょっと認識間違っとった。酸素いっぱいのタンクに寝るのではなく、タンク内を高気圧(1.3気圧くらい)にするのだ。

※説明しよう!
普通の呼吸の場合、酸素が血液中にあるヘモグロビンと結合して身体の各部位に運ばれそこで消費されるのだが、この「結合型酸素」っちゅうのはヘモグロビン量相当以上の酸素を運ぶことができないそうな。これに比べて「溶解型酸素」とよばれる酸素は結合型酸素に比べてめっさ細かいので、毛細血管も無理なく通過しさらにリンパ液など体液を通り効率良く全身の細胞に到達することが出来、身体の各機能が改善されるっちゅーわけやね。
で、残念ながらこの「溶解型酸素」言うんは体内にごくわずかしかない。んで、これが「気圧に比例して増える」っちゅう法則があるらしく、これに基づいてNASAの技術で開発されたのがオアシスO2というわけだ。

ちなみに1.3気圧くらいというと水深3mくらいに潜る感じらしい。なので、加圧されてタンク内の気圧が安定するまでは「耳抜き」する必要があるのだ。あの飛行機の離陸後に耳の中がキーンとなる感じ。大あくびしたり唾を飲み込んだりすれば大概治るけど。この耳抜きが上手く出来ない人とか、閉所恐怖症の人なんかは無理だろうね。
私も最初現物見た時何かSFとかに出てくる冬眠カプセルみたいだなぁ〜このまま宇宙に放り出されそうだなぁ〜とか思ったさ(笑)
そして中に寝転がって密閉されたら、乙一の「GOTH」に出てきた棺おけに入れられて庭先に埋められた子になった気分( ̄□ ̄)
あ、顔の部分は透明になっていて外界が見えるようになっているけどね。私は暗い方が寝られるのでそこにタオルをかぶせてもらったので。
一応目安にとタイマークロックと、何かあった時用にとナースコールみたいなものも一緒に入れてくれたよ。何もなかったけど(あったら困るって)
加圧中は耳痛くてあぐあぐしていたけど、安定したらいい感じ。もちろん寝たよ(爆)
ちなみに子宮の中って1.3気圧位なんだって。胎児な気分?
40分と60分のコースがあって、とりあえずお試しで40分コースにしたのだが、加圧・減圧の時間も含めてなのであっと言う間に起こされた…ような感じ。
気圧を下げてタンクを開けてもらい、地上に帰還。

そんなに劇的な変化は感じられなかったしもちろん筋肉痛がなくなったわけでもないが、何かすっきり爽やかな気分。ってゆーかお腹すいた。酸素がいきわたって新陳代謝が活発になったから?(笑)
ちなみに普通の(?)整骨院で体験したので、かなりお安くエアチャージ出来たよ(^−^)すみずみまで酸素が行き渡って代謝が良くなるので脳もスッキリして目覚めもいいと思いますよ〜と言われたのだが、確かに今朝の目覚めは良かった。電車の中なんかいっつも眠くて死にそうなのに元気だったし。そんなわけで今日は脳が元気(脳天気じゃないよ)。DSの脳トレやったら今日は十代かもー!(笑)
posted by 福来 at 14:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。