2010年04月27日

江戸東京博物館 特別展 「龍馬伝」

今日から江戸東京博物館で始まった特別展「龍馬伝」に早速行ってきたよ。

初日に出向くなんて初めて。

会場に着いたら案の定人たくさん!(>_<)入場20分待ちとのこと。
ま、かろうじて許容範囲内か。30分以上はよう待たん(笑)

何でも龍馬の写真の原版が3日間だけの限定で公開されてるらしく、それが入ってすぐの所にあるから入口が滞っとるようす。

列に並んでたら、やはり「長いモノはこちらで預からせて頂きます」と係りのお姉さんに声かけられて刀袋は持っていかれてしもた。毎度のことだがの。

いつもは音声ガイダンスなんて借りないのだが、案内が岩崎弥太郎役の香川照之さんだと言うので初めて借りてみた。
やっぱ香川さんはええのぉ( ̄▽ ̄)。イヤホン鬱陶しいけど(>_<)


展示はなかなか興味深く面白かった!

本文と同じくらい長い追伸とか(笑)
行間にやたら付け足した文章とか(笑)

龍馬の手紙はほんにおもろいのぉ( ̄▽ ̄)


そして中岡慎太郎はやはりええ男ぜよ!
惚れ直したね、わしゃあ。あ、これ龍馬展だけど(爆)



ちゅうわけで昼過ぎ会場脱出。

入場待ちは80分になっちょる!
良かったよぉ〜朝から来といて。


お土産に、ちょっと面白そうだったんで龍馬の足跡を辿るすごろくと和三盆を。稽古に持ってって遊ぼうっとww

龍馬


追記:
上士と下士を差別化したのが山内一豊だったのね〜複雑な気分。時代がそういう時勢だったんかもしれんけどな。功名が辻のイメージからするとね…(∋_∈)

posted by 福来 at 15:23 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。