2011年01月03日

「戦国疾風伝  二人の軍師」―秀吉に天下を獲らせた男たち―


お正月恒例、テレ東の新春ワイド時代劇。
山本耕史と高橋克典のW主演。


7時間近くの超大作。(昔は12時間枠だったんだけどね〜w)
さすがに目ぇ疲れました(>_<)
つっこみどころ満載だったけど面白かった。
やはり新春時代劇を観ないと正月気分になれないねwww


それにしても竹中半兵衛の皆からの愛されっぷりったらすごかった。
特に秀吉の半兵衛溺愛っぷりは半端なかった。
もうどこの姫だよって感じだったね半兵衛wwww
美しくてしかも病弱ときたら完璧ヒロインすよ。

いきなり怒ったかと思うと涙うるうる瞳で「生きてください」言うたり、
冷たいこと言うわりに急に上目遣いでにっこり微笑んできたり、
もうツンデレっぷりもパネェ半兵衛姫は、
全くもって他の女優陣差し置いて誰よりもヒロインだったね(爆)

信長様がえらい衣装持ちで、毎回登場する度衣装が違っていた!
いやぁ〜信長ファッションショーは楽しかったwwww
紫の袴とか何故似合うのだ加藤雅也(^−^;

「で、あるか」は定番だが、「で、あるな」という活用形にはウケタwww


しかし軍師の話だから戦略を駆使した合戦シーンとか満載かと思ってたのに。
ことごとくそういったシーンは割愛されていたよ…
戦国時代のドラマなのにある意味新鮮………なわけあるかい(−_−
予算とかエキストラとかそういう大人の事情なのだろうか?
是非に及ばす…


そういえばセリフの中では「天下」を「テンガ」と言ってたんだが、
ナレーションはずっと「テンカ」だったのだよね。
統一しなかったことには何か意図があったんだろうか。
「天下(テンガ)は一人の天下(テンガ)にあらず乃ち天下(テンガ)の天下(テンガ)なり」とかやたらと「テンガ」「テンガ」と出てきただけに気になっちゃったよ。

「テンガ」と「香の物」は未だ脳内ぐるぐるしてるwwww




それにしてもハッシュタグ盛り上がって楽しかった(^w^)
TLの皆様お疲れ様でしたwww





posted by 福来 at 01:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。