2007年07月04日

野村萬斎:国盗人

「国盗人(くにぬすびと)」
—W.シェイクスピア「リチャード三世」より

@世田谷パブリックシアター

主演・演出:野村萬斎

…に、行ってきました。シェイクスピア作品を狂言の手法で描くシリーズ第3弾(らしい)。
能舞台のようで、一見簡素なのだがすごくかっこいい舞台セットでした。
要所要所で語られる狂言のようなセリフ回しが、逆にシェイクスピアっぽくて良かったです。
唄も入っていたりしてね。
野村萬斎さんの独特の発声はやはりかっこいいです( ̄▽ ̄)うっとり〜

しかし何と言っても翻弄される王族女性4人を1人で演じた白石加代子さんが素晴らしかった!!
この方の発声も何だか異様な迫力があるというか…とにかく鳥肌モンでした。すんごい女優さんだ。

萬斎さん演じる悪三郎の影を演じた方のマイムとかもすごかったし、ともかくとてもレベルの高い芝居を観さして頂きました。感動。


<以下、ネタバレ有り>


棺を運ぶシーンで、数名が布を四方で抱え持って歩いてきて、下ろす瞬間に一人が布の下に素早く入って死体になる、とか、影が死神のように殺される人死にいく人にその瞬間仮面を被せていく、とか、4人の女性の衣装を着た顔のない人々の間を黒い服を着た白石さんが巡りながら上に羽織る服を次々のり移るかのように羽織っては豹変していく、とか。面白い演出が盛りだくさんでした。

ところで。兵士たちが一転して亡霊に変わって口々に呪いの言葉を発しながら蠢きその声が次第に大きくなり…といったシーンは、夏にやるワシらの次回作のコロスに通ずるものがあり、こんな風に仕上がるといいにゃ〜という野望を抱きました(笑)
あと唄もね。そんなわけで観劇後からもうすっごい稽古したくてうずうずしてます(爆)
posted by 福来 at 17:07 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芝居・舞台
この記事へのコメント
行ったのねー。
私も来週行くんだ。楽しみー(^-^)/
Posted by りこ at 2007年07月07日 03:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。