2005年08月13日

がっでむ!東武伊勢崎線

雷、大雨、大変でしたね。
落雷で走行中に電車止まっちゃった武蔵野線、乗客が2時間車内に閉じ込められてしまったそうですな。いや、これはもちろんイヤだけど、百歩譲って「走行中の自然現象による事故」なので許す。
しかーーし!同日同夜、同じく車内に1時間以上閉じ込めた東武伊勢崎線は許せない。
その日私は夜中12時頃北千住で千代田線から東武線に乗り換えようとしていた。駅構内アナウンスで「落雷の影響で準急電車は全て運転見合わせ、運行中の電車は各駅停車のみ」とのことでホームにいた人々皆ぞろぞろ移動して各駅停車の「北越谷行き」に乗車。そらもうぎっしり朝のラッシュ並でした。そして北千住を出発してすぐに「前の小菅駅に電車が停車しているためしばらく停車いたします」言うて線路上で停車。しばらくしてまた同じアナウンス。しばらくしてまた…
挙句に「西新井に1台、梅島に1台、小菅に1台、それぞれ各駅に電車が停車していて動く見通しがまだないのでしばらくここに停車します」とのたまったのだ!車内騒然!!
気分が悪くなって倒れる人がいたり、しゃがみこんでしまう女性がいたり、緊急ボタンの非常ベルがあちこちで鳴り渡り、結局1時間以上たってやっと動き出して小菅に到着。しかし前方にはまだまだ電車が止まっているのでこれ以上進む見通し当分なし。前の五反野駅の電車が出たのを確認してからの出発になるとのこと。ってゆーかなぜそれを北千住にいた段階でやらなかったのだ!
1時間以上も満員電車に閉じ込められて小菅なんてちっさな何もない駅で降ろされた人々はもう怒り心頭に発すといった感じで駅員に詰め寄っていた。そらそうだ。

何故北千住の段階でこんなに前の駅に数珠繋ぎになって電車がつまっていることがわからなかったのか。
それともわかっていながら見切り発車させたのか。
というかわかっていなかったとしたら連絡体制に問題があるのではないか。


既に夜中の1時半。雨も降ってる。
こんな店も何もなく、小さくてタクシーなんて止まってない、車も入ってこれないような駅で降ろされてもどうしようもなく、皆途方に暮れていたのだった。
気分が悪くなった人を救急車が運んで行っていたのを見て近くにいた人が「いっそ私も倒れて救急車で運んで欲しい」と言っていた。
私は結局ごめんなさいって感じで寝てるとこを起こして父親に迎えに来てもらったのだった。
私が父親の車を待っている間に「下り電車が動きましたので北千住に戻られる方は…」とアナウンスをしていた。ばかみたい。
ま、それでもここにいるよりはマシなので一部の人々は下り電車に乗っていったようだった。

北千住で一言前方が詰まっていて電車が動かないことを伝えてくれていれば、親をわざわざ起こすことなくそこからタクシー乗ってとっくに家に帰っていたというのに。
まったくまったく東武線はいらぬクレームを自ら作ってしまったのだ。これは人為的ミスだ。こんなことで車内に閉じ込められるなんて二度とごめんだ。
東武線の方々には深く深く反省していただきたい。ほんとに。
posted by 福来 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。