2008年03月05日

カリフォルニア物語

Studio Lifeカリフォルニア物語@天王洲 銀河劇場

行ってきたです。

吉田秋生の『カリフォルニア物語』が男性キャストのみで舞台化!!
歌とバンドにのってよみがえる!!


…だったんですが。えと、いきなりですが、「歌とバンド」いらなかったかなと(^−^;)

やたらハウリングはするわベースがやたら音でかいわで余計なとこ気になってもうた。
そして歌は、技量の差が如実に出てしまって痛い人はとてもイタイことになってしまって、歌が始まるたびに何だか授業参観の保護者になったかのような面持ちで見守ってしまったであるよ(笑)

そして歌が始まりますよ〜という微妙な空気感と、その度にバンドの前の幕が「シャッ」と開いて演奏が始まり、終わると「シャッ」と閉まるという…


…演芸かよ( ̄□ ̄‖)


いっそずっと紗幕の中で演奏していればいいものを。毎回顔出しせねばならない政治的な理由でもあるのだろうか(苦笑)



ライフは4作目なんですが、今回もやはり原作にまるっと忠実な脚本であった。
それはそれで良いのかもしれないけど、それだけに、何と言うかまぁ

ザ・ダイジェスト版!!

って感じは否めなかったっす。原作知ってる者としてはめっさ早送りで観てるみたいな。

役者さんたち頑張ったと思うよ〜〜あれじゃ役の心の動きとか掴むの大変だったんじゃないかな、ってゆーか気持ち乗せられなかろうて(>_<)

お目当ては主演のヒース役の林剛史君とシャーロット他の多田直人君。

林君は「特捜戦隊デカレンジャー」のデカブルーだったのだ!(^▽^)
あ、一般的には「ガリレオ」の湯川ゼミの学生(村瀬くん)だったよって言う方がいいのか?(笑)

多田君は演劇集団キャラメルボックスの役者さん。今回女性役。一体ぜんたいどういう経路で多田君が女役をやることになったのかが気になる…

林君、良かった。原作のヒースとは全然違うけど、すごい体当たりで頑張ってたと思う。

多田君はきれいだった〜思ってたよりずっと細かった。何より脚が綺麗であった( ̄▽ ̄)
そして歌が上手かった!


ちなみに一番の美人さんはやはりライフの吉田隆太くんであった(爆)



今回もやはり長かったので、終了したのが10時過ぎ。
途中の10分休憩中にベーグル食べといて良かったね!じゃなきゃ今頃発狂してるよ〜と一緒に行ったS水さんと話していたらMゆうちゃんに苦笑された(だってだって前回それで失敗してるからさ!)

そして夜の天王洲には全然店がなかった( ̄□ ̄‖)
浜松町まで出て、居酒屋へ。3人で語り入れまくる(笑)



午前1時頃帰宅したにも関わらず、
ついうっかり「カリフォルニア物語」全8巻を読み直してもうた(おいおい)


posted by 福来 at 15:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。