2008年04月09日

平成噺し座 其の十一

@国立演芸場演芸場


平成噺し座 其の十一 〜吉坊、卒業おめでとう〜

行ってきました(・w・)

「平成噺し座」というのは、<東西、一門、所属事務所の枠を超えた、若手真打制度2つ目までの噺家と講談師によるユニット>だそうで。真打昇進すれば卒業となりまする。

上方落語界には真打制度言うんはないんやけど、聞くところによると芸歴15年以上を真打と同等に見なすらしいんで、実際は吉坊くん真打昇進というわけではないんですけどね。
野末さん曰く「こいつを呼ぶと金がかかるから(笑)」卒業だそうで(^−^;)
関西から来るからしゃ〜ないわな…

でも卒業生集めて寄席やる予定だそうで、それも楽しみ。



【おしながき】

開口一番 野末陳平

三遊亭王楽「鼓ヶ滝」

春風亭栄助「生徒の作文」

<中入>

立川志の吉「薮入り」

桂吉坊「質屋蔵」

お客さんの言いたい放題コーナー(中入の時に回収したお客さんからの質問に出演者が答える)


吉坊くんの噺を聞きにきたので、正直他の方々は全く知らなかったんですけどね。
面白かった!古典じゃない落語も初めて聞いた!
さすが皆さん期待の二つ目ですな(^▽^)いや、楽しかった。

そしてトリの坊くん、最高に笑かしてくれました(≧▽≦)ゞ

箸取ってくるわぁ言うて熊さんが立ち上がったとこに番頭さんが「待ってぇ」ってしがみつくとことかもう大笑い。(←熊さんと番頭さん逆かも…^0^;)

毎度あの笑顔といい話っぷりといい、幸せな気分にしてくれるなぁ( ̄▽ ̄)

次回は六月のイワト寄席の予定〜


posted by 福来 at 15:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 落語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。