2009年10月02日

羽衣 開幕!

場当たりにゲネ終了〜

無事とは言い難いが(笑)

何はともあれ明日はいよいよ「羽衣」開幕です。

力一杯かっこつけてきます!(爆)
ほな、恵比寿エコー劇場でおあいしましょう(^∀^)ノ
posted by 福来 at 23:49 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2008年07月04日

小屋入り

今日から週末まるっと芝居のお手伝い。


****************************************************
★公演情報★

grande chalet 『柔らかい月』

7/4(金)〜6(日) @シアターシャイン(阿佐ヶ谷)

開演時間
7/4 19:00
7/5 14:00/18:00
7/6 13:00/17:00
*開演1時間前より整理券を配布

前売:2600円/当日:2800円

問合先:grande-chalet@abelia.ocn.ne.jp

参考URL
http://kuri.cool.ne.jp/yohane/guande/chalet.htm
****************************************************



11時ごろ劇場へ。

劇場着いて早々、惣菜の買い出しに行き、楽屋に並べたら、
紗幕が足りないっつうことで、そのまま吉祥寺ユザワヤへ走り、更に日暮里トマトへ。


ない!!ないよぅ〜〜!

欲しい布がなくて、布の切れ端を持ったまま途方に暮れる…(Θ_Θ)

布なんてよくわかんないし、お腹はすいたし、もぉ

誰かた〜す〜け〜て〜(>_<)

って感じであった。とほほ。


電話で指示を仰ぎつつ、ともかく、「どうかこれでOKですように(^人^)」
と祈りながら一番似てるものを買って戻る。


やった!OKだったよ!喜んでもらえたよ!ふぅ〜


遅い昼飯におにぎりをいただいた後、お弁当の手配なぞしながらちょっと休憩。
楽屋のモニタで場当たりをぼんやり見学。
声が聞こえないからよくわからない。ほんとにぼんやり(苦笑)


夕方お弁当をピックアップしに行って戻ってきたら、何と、


このワタクシが縫い物をすることに!( ̄□ ̄‖)


2mも端の始末したよぅ〜3つ折にしてまつったよぅ〜(;_;)

発狂しそうでしたわ、ほんま。
きっと上手な人にはどってことない作業なんやろけど、えらい時間かかってもうた。

気づいたらすっかりうっかり夜もふけていた… とほほ


出来た布を持って舞台面に行ったら、K条さんにそのままキャットウォークに連れて行かれ、
四つん這いではって行って、半分宙に浮く体勢で布を留めるハメに(^0^;)

ま、縫い物よか高い所に登るほうが断然いいけどさ(笑)

その後退出時刻も迫ってきたので、楽屋の片付けしながら
食べ損なった夕飯代わりに残ってたおにぎりを食す。


結局受付の打ち合わせは何も出来ず、明日は早出することに。

そうそう、明日からは受付嬢ですのよ、ほほほ(* ̄▽ ̄*)



いやぁ〜それにしても怒涛の一日であった。


でも小屋入りは好きなのでそんなこんなも楽しいけどね( ̄▽ ̄)
posted by 福来 at 00:23 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2008年03月05日

カリフォルニア物語

Studio Lifeカリフォルニア物語@天王洲 銀河劇場

行ってきたです。

吉田秋生の『カリフォルニア物語』が男性キャストのみで舞台化!!
歌とバンドにのってよみがえる!!


…だったんですが。えと、いきなりですが、「歌とバンド」いらなかったかなと(^−^;)

やたらハウリングはするわベースがやたら音でかいわで余計なとこ気になってもうた。
そして歌は、技量の差が如実に出てしまって痛い人はとてもイタイことになってしまって、歌が始まるたびに何だか授業参観の保護者になったかのような面持ちで見守ってしまったであるよ(笑)

そして歌が始まりますよ〜という微妙な空気感と、その度にバンドの前の幕が「シャッ」と開いて演奏が始まり、終わると「シャッ」と閉まるという…


…演芸かよ( ̄□ ̄‖)


いっそずっと紗幕の中で演奏していればいいものを。毎回顔出しせねばならない政治的な理由でもあるのだろうか(苦笑)



ライフは4作目なんですが、今回もやはり原作にまるっと忠実な脚本であった。
それはそれで良いのかもしれないけど、それだけに、何と言うかまぁ

ザ・ダイジェスト版!!

って感じは否めなかったっす。原作知ってる者としてはめっさ早送りで観てるみたいな。

役者さんたち頑張ったと思うよ〜〜あれじゃ役の心の動きとか掴むの大変だったんじゃないかな、ってゆーか気持ち乗せられなかろうて(>_<)

お目当ては主演のヒース役の林剛史君とシャーロット他の多田直人君。

林君は「特捜戦隊デカレンジャー」のデカブルーだったのだ!(^▽^)
あ、一般的には「ガリレオ」の湯川ゼミの学生(村瀬くん)だったよって言う方がいいのか?(笑)

多田君は演劇集団キャラメルボックスの役者さん。今回女性役。一体ぜんたいどういう経路で多田君が女役をやることになったのかが気になる…

林君、良かった。原作のヒースとは全然違うけど、すごい体当たりで頑張ってたと思う。

多田君はきれいだった〜思ってたよりずっと細かった。何より脚が綺麗であった( ̄▽ ̄)
そして歌が上手かった!


ちなみに一番の美人さんはやはりライフの吉田隆太くんであった(爆)



今回もやはり長かったので、終了したのが10時過ぎ。
途中の10分休憩中にベーグル食べといて良かったね!じゃなきゃ今頃発狂してるよ〜と一緒に行ったS水さんと話していたらMゆうちゃんに苦笑された(だってだって前回それで失敗してるからさ!)

そして夜の天王洲には全然店がなかった( ̄□ ̄‖)
浜松町まで出て、居酒屋へ。3人で語り入れまくる(笑)



午前1時頃帰宅したにも関わらず、
ついうっかり「カリフォルニア物語」全8巻を読み直してもうた(おいおい)


posted by 福来 at 15:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2008年03月03日

きみがいた時間 ぼくがいく時間

というわけでソワレは、演劇集団キャラメルボックスの、

『きみがいた時間 ぼくがいく時間』@サンシャイン劇場

上川さん3年ぶりのキャラメル出演。
我らがラクダ王子(岡田達也)とメカ(上川隆也)の対決♪
↑達ちゃんの日記読んでる人にしかわからんて(笑)

クロノスシリーズ最新作。タイムマシンものっす。事故で亡くなった最愛の妻を助けるべく、39年前に飛ぶ男の話。

達ちゃんかわいかったよん( ̄▽ ̄)
ホテルの支配人の甥なんだけど、ちょっとぼっちゃん気質で悪い子じゃないんだけど出来はさほど良くないという…(^−^;)
まぁ出来の悪い子ほどかわいいというか(笑)

しかしタイムとラベルものは、どうしても過去に干渉せずにはいられないため歴史が変わってしまうから、深くいろいろ考えちゃうと世界観が破綻してしまうので、細かい事は追求しないで、今そこにあるドラマを楽しむに限るね(苦笑)


風邪菌にヤられたのか(?)胃腸の調子がよろしくなかったので珍しく終演後は呑みに参加せずに帰宅。
Cかちゃんが「もやしもん」ノートくれたー!わーい(≧▽≦)ゞ
posted by 福来 at 15:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

ぞめきの消えた夏〜グアム戦乱舞闘

先週の金曜は仕事半分サボって(笑)観劇三昧であった。


まずはマチネで、アトリエッジ公演の

『ぞめきの消えた夏〜グアム戦乱舞闘』@ザムザ阿佐ヶ谷

疾風さんのメンバーが出るので行ってきたです。
正直、戦争モノはツライので、人がたくさんいるところで観るのは心進まないんですがね。

グアムに遊びにいった徳島阿波踊り連の人々と、第二次世界大戦中のグアムでの戦闘とが重なり合う舞台。
連長であるお祖父さんのグアムでの記憶、想い…
玉砕した者、生き残った者たちの想い…

演出がとても上手かったなぁ。
阿波踊りがものすごく効果的に使われていてステキだった。
団扇の裏と表が、銀と黒だったり蛍光と黒だったりで、照明効果と相まってヒラヒラ蝶のようで美しかった。


黒い蝶は亡くなった人の魂。


疾風のメンバーの方々は皆さん良かったです。殺陣だけじゃないんですね(すみません)
特にS藤さんはあまりの酔っ払いぶりにワタクシ途中までS藤さんだと認識出来てませんでした(笑)
見事です。最期泣けたし(;_;)
局長さんの役はめっさいい役でしたね〜!最期もご本人がおっしゃってたように土方歳三を彷彿させる死に様だったし。いや、かっちょよかった!

終演後メンバーの方々にご挨拶。


ところで。
帰り道々、いきなりとある記憶が蘇ってかなり凹んだよぅ‖OTL

アンケートに、「印象に残ったセリフ」ってのがあったのさ。
で、ワシは佐伯さんという空海さんの化身の「元々は降伏を潔しとしないという意味ではなかったはずですよ」と言った意味のセリフを書いた…つもりだった。

が、どう思い返しても「自決を勧める意味ではなかった」と「降伏を潔しとしない」が混ざって、

「降伏を勧める意味ではなかったはず」って書いた、気がする。

ってゆーか絶対そう書いたよ!( ̄□ ̄‖)がーんがーん

まるっと逆の意味やん!だめじゃん!(>_<)

何と言うかよりにもよってこういうシリアスな題材についてミスを犯すとまったくもって、
soooooooo embarrassed!!! だよ(;_;)とほほ



そんなわけで一緒に行ったポチ君の隣で悶絶しつつサンシャイン劇場へと向かったのであった…続く(爆)
posted by 福来 at 14:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2008年02月27日

スモーキング・ガレージ

芝居仲間のサコミズ氏と松田悟志くん主演の舞台を観てきた。

劇団スーパー・エキセントリック・シアター
Chemical reaction プロジェクト

『スモーキング・ガレージ』@シアターサンモール


千秋楽!

面白かったーっヾ(≧∇≦*)ゝ笑った〜〜
そしてやはり松田くんは舞台に向いてる!
すてき〜

わしら最前列だったんで、初っぱなからいきなり前面に松田くんが出てきて緊張しちゃったよ(笑)


そしてにゃんと今回は、HP先行予約者特典っつうことで、終演後に松田くんとツーショット写真の撮影!

そういえばサコミズ氏からそんな話はうっすら聞いてたけど受付でも何も言われなかったからガセかと思ってたよ(^_^;)

でもロビーでぼけぼけしてたら係の人の案内が。

「みんなスッゴい気合い入れて化粧直し始めたからやると思った〜」とサコミズ氏に言われて初めて、

どうりで終演後にトイレが長蛇の列だったわけだ!

と気づいたよ(笑)

大して長い芝居でもないのに皆そんなにトイレ行きたかったのか?と不思議だったのじゃが。

極めて女子的な理由だったのか(爆)

そんなわしらは待つのはキライなので、というよりもそんな女子的都合に思いを巡らすこともなく、まんま真っ先に撮って貰って挨拶→握手してきたっすv(`∀´v)


…っていうか、化粧直しの道具なんて持ってねぇ(おいおい)



ま、いっか。幸せな一日だったし:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
posted by 福来 at 15:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2008年02月26日

てやんでぇべらぼうめぇ

こちとらちゃきちゃきの江戸っ子よぉ! 寿司喰いねぇ( ̄ー ̄)



……

…… ぐはーー( ̄□ ̄‖)


今週末までにとりあえず貰った分までのセリフ覚えようと思ったんだけどさ。
ちょっと行き詰ってやさぐれてみた(笑)


またしても関西弁に翻弄されとる…OTL(喀血)←それは沖田くん。

ただでさえセリフ覚え遅いっちゅうのに、そのまま普通にしゃべれんからもぉエライことになってます(泣)
何や声に出して言うほどにゲシュタルト崩壊(@0@)


いやもぉ前回も叫んどったけど、ホンマ英語の方がなんぼかラクですわ。

何でて、英語は多少発音が違うても英語やけど、
関西弁は発音違うたらもはやそれは関西弁ちゃうねん(>_<)


って、もう既に言語も崩壊(笑)

ああでも今回は共演者の中に関西出身者がいらっさるんで、チェックしてもらえる〜!
ありがたやありがたや(^人^)

…ふぅ。がんばるべ。
posted by 福来 at 15:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2008年02月13日

ちいさき神の、つくりし子ら

岡田達也さんお誕生日おめでとうございます(≧▽≦)ゞ



というわけで、昨日「ちいさき神の、つくりし子ら」を観てきた。

そして帰宅するまで昔ウィリアム・ハートがやってた映画「愛は静けさの中に」の原作(?)だということに気づかなかった。

ああそうか。

何かどっかで見たことあるようなないような…とは思ってたんだが(おいおい)


ヒロインのサラを演じていた津田絵理奈さんは聾唖者だったんですね。しかも今回初舞台だったとは!

全然そんなこと感じさせなかったっす。すごく良かった!!
なんていうかこう激しい感情が迫ってくるっていうか。
写真より断然かわいかったし( ̄▽ ̄)


余談ですが、どうやら原作者のマーク・メドフはこの戯曲に「プロの舞台においては、サラは聴覚障碍の女優によって演じられること」と注文をつけているらしいですな。


岡田くんも日記読むたび「大変そうだなぁ〜」とは思ってたけど、ホント大変だ(笑)
ずっと出てるしずっとしゃべってる。
サラの手話を通訳してるから実質二人分のセリフしゃべってる( ̄□ ̄‖)ぐはっ

さすが人類が産んだ最…(略)←って岡田ファンにしかわからんだろが(^−^;)

場面転換の黒子さんたちも洗練されてて素敵でしたね。


テーマは決して軽いものではないけど、ものすごく上質な舞台だったので、機会があればぜひ観ていただきたい。まだあと3日やってます。(今週の土曜日まで)

⇒『ちいさき神の、つくりし子ら』公演情報
posted by 福来 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 芝居・舞台

2008年01月18日

劇団☆新感線 IZO

昨日、劇団☆新感線プロデュース『IZO』を観てきた。

面白かった〜!!

そして長かった〜(笑)

18時開演で終わったの21時半だよ…(途中休憩25分あったけどさ)
思いの外青山劇場のシートの前後は狭く、足びみょーに辛かった。

V6の人(たぶん坂本くん?)が観に来てたらしく、周りの席の人々がキラキラとざわめいていた。皆の視線からすると結構近くのハズなのに、あちくしとサコミズさんはよくわからんかった(てへ)

で、何故V6の人かというとV6の森田剛くんが主演だったからですな。
タイトル通り、土佐の人斬り以蔵の話。


森田くん@以蔵が声枯れちゃってちょっとツラかった(>_<)
でも頑張ってたよ。
ジャニの人ってテレビとかいろいろ他にも大変なのに、あのセリフの量と殺陣やら何やらの動きを全て覚えるのって素直に凄いと思う。

田辺誠一さん@武市は思った通りな感じでかっちょ良かったっすヾ(≧∇≦*)ゝ


何より池田鉄洋さん@竜馬がサイコーに良かった!!
彼の竜馬で別話1本やって欲しいくらい!


ところで今回は「あれ?コレ新感線だったよね?」って思っちゃうくらい新感線色が薄かったなぁ。
粟根さん@勝も大人しかったし。ちと残念でござった。

至極まっとうな時代劇(笑)
ま、これはこれで楽しめたので良かった v(^▽^)v 満足。





そして劇場出てきたとこで、今年最初の大ゴケ!(苦笑)

劇場前の広場に膝くらいの高さの車止めっつうかオブジェ?が点々と置いてあったんだけど、暗かったし携帯を見てたせいもあるんだが、全く気付かずに真っ向からガツガツと勢い良く突っ込んだみたい〜(バカ)
激突してその勢いで石の上をダイブして向こうに倒れ込み〜Y(>_<、)Y
…したらしい。

っていうか、正直何が起きたか一瞬わけわかんなくて気づいたら地面に倒れこんでた感じ?(^_^;)いきなり隣歩いてたあちくしが消えたので一緒にいたサコミズ氏はかなりビックリして動揺してた(笑)

そして携帯くんはまたしてもアスファルトに叩きつけられたが、生きてたよ。
さすがCASIOのG'zOneは頑丈だ!(しかし彼はきっといい加減にせぇ!と思ってるにちまいない。ごめんっ)

当の本人も両手のひらとひざをがっつし打ちつけたが、とりあえず大丈夫みたい〜

サコミズ氏には、

「普通の女子ならあれはもっと大変なことになってるよ〜やっぱり転び慣れてる人は巧いこと転ぶよね」と、

誉められ(?)たよ…え〜っとσ(^0^;)

ちなみに本日、予想してた程ではないにせよ、やはり「ガキの足かよっ(−_−#)」つう青痣が出来ていた。
そして階段の昇り降りが響いて痛い(>_<)更に昨日は気づかなかったが今朝から右腕も痛い(;_;)
右側から倒れこんだみたいだから致し方あるまい…むぅ〜
posted by 福来 at 16:28 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・舞台

2007年12月27日

死ぬまでの短い時間

北村一輝さん主演の芝居を観に行ってきた。
田中圭くんの初舞台でもある(^−^)

ベニサン・ピットって初めて行ったけどさ、めっさわかりづらい(>_<)
そして地図に載っていた目印の弁当屋が潰れてなくなっていた(笑)

思ってたよりずっと小さな小屋で、北村さんが!田中くんが!すんごい間近をうろうろ(≧▽≦)ゞ

北村さんってもっとがっちりしたイメージがあったけど、すごい華奢で驚いた。
田中くんも何だかとても痩せていた。
やはり舞台は大変なんだろか(^0^;)

何せすっごい走らされてたし(苦笑)
客席脇階段からはけて次にはすぐ舞台後方から出てきたり。

5人だけの芝居だったけど、生バンドが入っていて、演出もビジュアルもすごく凝ってて面白かった。
久々にとても観念的な芝居を観た感じ。
皆さん身体がよう動いてらして…役者は身体が資本やねぇとしみじみ。
べにさん


一緒に行ったS水さんに一足早く誕生日のプレゼントを頂いたです( ̄▽ ̄)ありがと〜
posted by 福来 at 00:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・舞台
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。