2006年09月26日

続々・会津旅行

すっかり真っ暗になってしまったので竹子殉節の碑は断念して七日町へ。壱番館にて珈琲ブレイク。何とここでも偶然別行動中だった新幹線組と遭遇!一瞬の邂逅の後、再び分かれて車組は旅館へチェックイン。

私@結城とAちゃん@飯沼とYちゃん@永瀬は3人で町の酒屋さんへ。とても親切な店主さんに解説してもらって土産用の酒を買い込む。「時間ないよ」と言ってくれそうなNっぴ@一矢やSくん@梶原様もいなかったため、すっかりうっかり時間の概念がすっとんでいて気が付けば集合時間とってもオーバー(誰か気づこうよ^0^;;)
宴の店へ向かうも案の定ちょっと(?)迷子。大通りで祭が開催されていて屋台やら踊りやらで盛り上がっている脇をウキウキと歩いていたら再び澤田さんに遭遇!挨拶して改めて店へ。結果かなり大回りの大遅刻で店に到着。「でもまぁ祭も見られたし、面白かったよね!」とあくまで前向き(爆)
てなわけで「会津っこ」というお店に全員集合して宴(^-^)/大いに呑んで食べる(笑)

旅館へ帰る前にコンビニ寄ってく〜と町を彷徨ったものの、なかなかたどり着けず数人が脱落。諦めきれない残りは再び散策(^0^;;)とうとう私はその場でEZナビウォークの有料会員になって周辺検索。携帯くんに近所のコンビニまでナビしてもらう。最初からこうすれば良かったOTL…と言いつつ「でも夜の会津散歩も楽しいよね〜(^▽^)」と皆例の如くポジティブシンキング(爆)

車組は3人で一部屋。「はなさかづき」を観たAちゃんの友達は一矢&孫八に萌えてたらしく(^-^;;)「いやぁ〜いっちーとまごに挟まれて川の字で寝るなんて!報告しないと♪」とのたまっておった。そういえば翌朝私がNっぴにブラシ貸して〜と言って投げてもらい、たまたまうま〜くパシッと受け取れたもんだから「そういうところが無駄にかっこいいんだよ〜」と2人に大爆笑され、更にAちゃんが「まごが一矢ぁ櫛貸して〜って一矢が投げてよこすってのも一矢&孫八ファンには萌え〜なシチュエーションだよね♪」とキラキラ語っていた…そんな一部のコアファンには萌えな話満載の車組(苦笑)

<つづく>
posted by 福来 at 13:59 | 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) |

続・会津旅行


酒蔵歴史館で偶然にも新幹線組と一瞬合流、芝居を観に来て下さった熊本・佐川官兵衛顕彰会の澤田さんとも遭遇。その後あらためて鶴ヶ城へ。ちょうど本丸の所で彼岸獅子の舞が始まるところだったので炎天下の中うきうきで観る。何だか予定通りでない割には何もかもグッドタイミングで結果オーライな感じ(笑)獅子舞後は入城して天守閣へ。
お昼は「田季野」に全員集合してわっぱ飯を食す。旨い〜(*^0^*)
午後は再び別れて車組とバイク組は十六橋へ。車組先頭で出発したところ気が付いたらまたしても猪苗代湖畔ドライブ(笑)…十六橋は猪苗代湖手前のハズ。まぁ〜猪苗代湖キレイだったね〜!と言うことで!(^0^)気を取り直して今度こそ十六橋へ。無事到着後記念撮影、そのまま白虎隊奮戦の地へ。危うくここも通り過ぎる所だったが何とか発見(^-^;;)夕闇迫る古戦場はしんみり寂しい所であった。

kosenjo2.jpg

<つづく>


posted by 福来 at 12:55 | 東京 | Comment(1) | TrackBack(0) |

会津旅行

8月にやった会津を舞台にした芝居「はなさかづき」のメンバーで先週末会津へ。総勢14名…とはいっても新幹線組、車組、バイク組、前のりする人々、等など宿だけ一緒の結構テンでばらばらな大人な旅(笑)

私は車組。別名チーム生き残り(同乗者皆会津戦争で生き残った役だったので^-^;;)運転は車の持ち主のAちゃん。アメリカの免許を日本のに書き換えたばかりの私も一応予備運転手。とはいえ日本では近所を5分ほどドライブした程度(おいおい)しかしAちゃんがちょっと寝たいということで途中のICで運転を交代してとうとう私もジャパニーズ公道デビュー!(笑)いやぁ〜やはり人を乗せてると緊張しますな。

無事料金所も通過して街中へ降りてきたのでコンビニでいったん停車してAちゃんと再び交代。この後からわしらのとんでもドライブが会津を去るまで続くのであった…(爆)

「会津市内に入りました〜これから鶴ヶ城に向かいまーす」と既に城にいる前のり組に連絡したものの、何故か気づいたら猪苗代湖方面に向けてドライブ(^0^;;)
いやぁ〜のどかな会津の風景を満喫したねぇ〜天気もいいし最高〜(^-^)とポジティブシンキング。←今回の旅の合言葉(笑)

<つづく>
posted by 福来 at 11:05 | 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年01月05日

あけました!

今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

ちょっとしばらく正月仕様で(笑)

年末年始は「さよなら因島市ツアー」を決行して参りました。別名「ヒカ碁ツアー」(爆)
同行の友人たちは夜行バスで広島入り。私は弱々なんで十何時間もバスに揺られる自信が全くなく、ばびゅんと飛行機で(^−^;;)
尾道で合流してその日はそのままホテルへ。

翌日宮島まで足をのばして厳島神社へ。釜飯旨かったですーー(>▽<)
海に浮かぶ鳥居を前にヘンなポーズで写真をとったり、鹿にせんべいやって襲われたり、焼きせんべいやカキを食したり、満喫満喫。
夜は広島に里帰りしてる友達に地元のお勧めを聞いて、「お好み村」へお好み焼きを食べに!「お好み共和国」っつう所もありました。(要するにお好み焼き屋満載のビルなんだけどね…)元気いっぱいのおばちゃんもといお姉さんのヘラさばきも見事でお好み焼きもめっさ旨かったです。大満足。

何故か今年もTVでジャニーズカウントダウンライブを見ながら年越し(笑)

元日。向島にある「男たちの大和」ロケセットを見学に。私はちょうど広島入りの前日に映画を観ていたので撮影風景の映像も楽しめました。
あの大和を再現!と聞いていたんでちょっとワクワクしていたのだが、先だってハワイで本物の戦艦を見てしまってたんで、やはりセットはセット、残念ながらもろ作りモンでしたね。当たり前だけど。友達と「ここはどう見ても小割とベニヤだよねぇ〜」などと言いながら蹴込みを削る話をしたり(笑)
それでも写真はいっぱい撮ってきたけどね。わはは。

正月で店はどっこも開いてなくて、さんざん並んで尾道ラーメンを食した後、待望の因島へ。あちこちにみかんと八朔が溢れていました(^−^)
宿泊先は山の上で見晴らしはとてもステキでした。そして夕食が正月仕様ということで超豪華。旅行に来たって感じ〜(爆)

翌日は早起きして本因坊秀作の碑と墓と資料館へ。資料館といっても普通に家のリビングで、本当は正月は開けていないところを特別入れていただいて、何か申し訳ない感じでした(^−^;;)
お墓でも線香を分けて頂いたりなんかして、島の人たちっていい人だぁ〜( ̄▽ ̄)

それにしても歩いている最中にやたらと犬を見かけたのだが、これって野良なのか?離し飼いなのか?不思議〜〜戌年らしくおおっぴらにあちこちでお犬様が闊歩しておりましたことよ。

その後ネットでみつけた碁盤をかたどったテーブルが置いてあるというゲートボール公園へ(笑)ローカルな場所なので観光案内などにも載っていなくてぐるぐると辺り一帯を延々歩く。結局地元の親切なおっちゃんが「ついといで!」とものすごい勢いで歩いていくのに必死でついていってやっと発見。きっとおっちゃんは「何故こんな所に行きたがるのか」と不思議だったにちまいない。でもわしらは思った以上にステキな碁盤と、しかもあるとは思わなかった碁石まで揃っていて大感動!同行のRちゃんはベンチの両脇についてたヤギとゾウの石像に大喜び(^−^)

そんなローカルな公園を堪能した後、再び歩いて村上水軍城へ。同行のRくんは「十二国記」の初演で私は再演で小松尚隆の部下を演じていて、うっかりすっかり小松は村上水軍だと思いこんでいて「若〜」とか言いながら見学してしまったが、実は小松は村上水軍に襲われて全滅したのではなかったっけか?今思い出したけど(苦笑)

ちょっと寂しかった水軍城を早々に出立して一路尾道へ…行くはずがバスが来ない。
待っても待ってもバスが来ない。皆は夜行バスまで余裕があったから良いのだが私は飛行機の時間が迫っていてちょっとアセった。
バス会社に問い合わせたところ、何でも大和のロケセット見学で尾道辺りの車が大混雑らしく、バスは大幅の遅れとのこと。
大和、侮り難し!(>_<)
急遽タクシーを呼んで空いてる道を急いでもらい、結局新尾道駅へ。ここは新幹線しか通っていない、地元の人間は使わんという駅(らしい)
いたしかたないのでここでちょっとお茶した後、皆はバスで尾道へ。私は1区間だけ新幹線に乗って隣の三原へ。何て贅沢な旅…
三原からバスに乗って広島空港へ。土産も買って無事テイクオフ。ふぅ〜一時はどうなることかと思ったよ。

私があっという間に東京に到着した頃、皆はまだ尾道でバスを待っておりました。お疲れ様です(>_<)

1月早々に因島市が尾道市と合併されて「尾道市」になってしまう!と聞き、「因島市」がなくなっちゃう前に秀作の故郷に行こう!ということから急遽決まったこの旅行。
当初の目的も果たせてそれ以上にいろいろ楽しかったです。食べ物も旨かったし。満喫満喫。

追記:バスの窓から見かけた「祝・ポルノグラフィティ(4回目)紅白出場!」の垂れ幕が泣かせました(笑)島の誉なんだね。私も好きだから嬉しかったけどね(^−^)





posted by 福来 at 15:12 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) |

2005年10月14日

続・ハワイ!

ハワイに着いて早々はマッサージなんぞ行って優雅に過ごし、ランチを挟んで海辺で砂や波と戯れたりして女子っぽく(?)過ごしてみた。


Weddingの翌日は念願のパールハーバーへ。たぶんこんなに力入ってたのは私とS野君だけではないかという気もしなくもなく、他の皆を遠くまで振り回して時間かなりとってしまってちょっと申し訳ない気分でもあったが(^−^;;)
そんなわけで私とS野くんは嬉々として潜水艦や戦艦の写真を撮りまくり(笑)たぶん今回のハワイ滞在中最も写真を撮った場所と思われる。

しかし残念ながら時間の都合で海底に沈むアリゾナは見にいけなかったのだった。がっくし。(それもこれもあの博物館の日本語案内のおばちゃんのせいや。頼みもせぇへんのに日本語で説明してきて余計なことしくさって!あそこでチケット取られへんかったらアリゾナへの船に乗れたんや!きー!自分の英語力を信じるべきやった>_<)

実はダイアモンドヘッドも登れなかったのだ。何とビーチ沿いの道で朝からたまたまトライアスロン大会をやっていて、ダイアモンドヘッドまで車が入っていけない状態だったのだ。「終わるまでバスもタクシーも行けないからあとは歩いて行くしかないねぇ」とホテルの人に言われて断念。何と間の悪い。

そんなこんなでいろいろ行けなかった所、やれなかったことが満載。やはりこれはリベンジでしょ。
ってゆーかこの場合のリベンジってもろ日本語英語やね。英語やったら何やろ?recover?ちょっと違うか。find another day って感じ?(笑)
posted by 福来 at 16:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |

初・ハワイ!


青い海!青い空!白い雲!風に揺れるパームツリー!…ってなわけで先週末からハワイに行ってまいりました。海外Weddingです。といってももちろんおいらのではなく友人S水さんのですが(^0^;;)
ハワイに行った人は「ハワイなんて」と言いつつ、何故かハワイマジックにかかって帰国後は必ず声を揃えて「また行きたい!」とのたまうので、ちょいと楽しみにしていましたさ。生まれてこのかたグレーの海しか見たことないんで白砂青松に憧れておったわけですが、いやものごっつう天気も良くて期待以上でありました。日程の都合上、ほとんど泳げなくて水につかっただけだったのが残念ですが。

ま、今回メインはあくまでもWeddingなんで(^−^;;)いつも舞台でご一緒する際はステキな王子様なS水さんもこの日ばかりはプリンセス(笑)ステキなロケーションと相まってそらもう綺麗な花嫁さんでした。S水さんがお泊りのホテルには他にも何組もWeddingカップルがいたんだけどうちらはずっと「やっぱりうちの花嫁花婿が一番素敵!」と親バカ(?)ぶりを発揮しておりました。いや、でもこれは身内贔屓抜きにして実際そうだったと思うぞ。
←日本人にお人気らしい教会。

posted by 福来 at 15:19 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) |
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。